英会話勉強法の秘訣が満載!英語ブログが集まるサイト。
英語学習法 英語勉強法 Q&A個別記事

自分が考えた英語の参考書を作ってみたい。

私は英語の勉強を始めて8年位になる者です。
私が持っている英語の資格の様な物は、「英検準2級」だけです。
TOEICは非常に興味があるのですが、模試をやってみて予想スコアが300点位だったので、「これは恥ずかしい」という気持ちから受けていません。

私は今まで勉強してきて物凄い量の参考書に出会ってきました。
その中で、自分が本当に納得して打ち込んだ教材は、

「中学生レベルの文章を声に出して書き写す」
「中学生レベルの文章を繰り返し音読して、反射的に口をついて英文が出て来るまで続ける(瞬間英作文と書かれていました)」

と言う内容の参考書です。
特に効果を感じたのは「瞬間英作文」で、英語の再勉強を始めて6年目辺りでこの参考書に出会い、2年位この勉強を続けた辺りから本当に咄嗟に英文がポロポロと口からこぼれる様になり始めたのです。

私は今現在、この「瞬間英作文」という勉強法にどっぷりとハマってしまっています。
いずれ、英検2級にも挑戦するつもりですし、TOEICも受験してみようと思っています。

そして、質問のタイトルの「自分で英語の参考書を作りたい」と言う事ですが、8年も教材を買い続けてきたり、勉強してきたりしてくると、

「こんな教材があったら便利なのになあ・・・」
「こういう勉強法も面白いのでは?」
「自分だったらこんな参考書を出す」

とかいう思いが生まれてきます。

英検2級も取っていない様な奴がそんな事を言うのは早すぎる、と怒られるかもしれないのですが、8年も英語の勉強を続けていると、この様な思いというかアイデアが自然と生まれてきてしまうのです。

8年も勉強してきて、英検準2級止まりは遅すぎるのでは?と思われるかも知れませんが、何も毎日きちんと勉強している訳ではなくて、1?2カ月集中して勉強して(気分が乗っている状態)また1カ月ほどブランクが出来る(やる気が無くなる)という言うやり方の繰り返しで今まで8年間経ってきたと言う訳です。

私がぼんやりと思い浮かべている理想の英語教材は、
英語入門者の視点に立って、入門者に「英語は楽しい」という境地に導いてあげる様な教材です。

私の考えた英語教材を具体的に出版したいまでとはいかないまでも、アイデアだけでも聞いて頂けないでしょうか?

英検1級、準1級保持者の方、TOEIC高得点保持者の方の意見が頂けたらと思っています。

本気で出版までとは考えていませんが、よろしくお願いします。

Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加


回答


  1. #2

    YAMMYさん、こんにちは!はじめまして。Solamimiといいます。

    わたしは英検は受けたことがないし、TOEICも1度受けたきりで特に高得点でもないので迷ったのですが、英語上級者としてではなく、学習方法を選ぶ立場として回答させてください!ぜひ、YAMMYさんの勉強法が知りたいです。ちなみに英語の勉強をはじめて2年くらいです。

    一番最初に英語の勉強を始めたときに、まずやってみようと思った教材が「瞬間英作文」なのですが、どうしても続けられず挫折しました。今もちょっと本を取り出してみたのですが、すぐ閉じてしまいました!

    というわけで、YAMMYさんがはまってしまうくらいこの学習法を続けられた秘密がなにかあるのでしょうか?2年も続けられて、そして素晴らしい効果も出ているということで、とっても気になります。

    瞬間英作文は、たくさんの方が実践してきて、きちんとやれば効果がある方法だと思うのですが、正直「無味乾燥」という印象が拭いきれません。個人的な印象なのですが、英語のできる方はしっかりと地道な努力ができる方が多いので、教材や勉強法も、コツコツ努力!といった内容になっている事が多いように感じます。

    わたしは、瞬間英作文を諦めた後に、その他の自分に合う方法をみつけて、なんとか細々と勉強を続けていますが、一回諦めたらそこで終わってしまうことも多いはずです。

    ですので、YAMMYさんが仰っているように、

    「英語入門者の視点に立って、入門者に『英語は楽しい』という境地に導いてあげる様な教材」

    があれば、とてもいいと本当に思います!ぜひ、理想の参考書を作ってください!

    出版や、学習方法を広める方法については、私はまったく不案内で何も申し上げることはできないのですが、やはり今はブログやYoutube等、ネット上での活動をはじめるのが一番の近道なんじゃないかなと思います。ブログから本が出版されることも多いようですし!

    他にも、ブログが有名になれば、そこでインターネットを通して自分で本を販売することもできると思います。日本語の情報はあまり読まないようにしているのであまりわからないのですが、海外にはそのようにしてらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

    ■Fluent in 3 Months
    http://www.fluentin3months.com/
    3ヶ月で色々な新しい言葉を覚えるチャレンジを行っています。詳しい勉強方法に関しては、販売したり、スカイプでのコンサルタント等もしていらっしゃるようです。

    ↓どうやったら人気の語学学習ブログになれるのか、という記事や講演もあります。
    http://www.fluentin3months.com/top-blogs/
    https://www.youtube.com/watch?v=ntTsI1CekNU

    ■AJATT
    http://www.alljapaneseallthetime.com/blog/
    日本語学習者の中ではカリスマ的な人気を誇っているWebサイトです!とにかくやる気が出る内容のブログです。教材販売や、有料のコミュニケーションサイトの運営を行っているようです。

    ■Tofugu
    http://www.tofugu.com/
    ここはちょっと変わっていて、日本に関する面白い情報のブログを運営しています。日本に興味のある人を集めて、そこで日本語の教材を宣伝している、という感じです。

    ■Antimoon
    http://www.antimoon.com/
    ポーランドの方が運営している、老舗の英語勉強方法のWebサイトです。何だかとっても説得力があります。英語の発音を学習するソフトを販売しているようです。

    ただ普通にブログを更新しているだけでは、見に来てくれる人もなかなか増えないと思うので、たぶんある程度のSEO(Googleなどのサーチエンジンで上位にくるようにする作業)の勉強も必要になってくると思います。また、上記の方たちを見ていると、教材の販売をする場合にはアフィリエイト(他の人のWebサイトで教材を紹介してもらって、そのサイトを通して売れたらある程度のマージンを支払う)などもやったほうがいいのではないかなーと思います。(私は実践していないので単なる予想です。)もちろん、SNSを通じての交流なども大事だと思います。

    色々ありそうですが、とりあえず、このような情報などを参考にしてみてはいかがでしょうか?(リンク切れもありますが……)
    http://foundertips.com/money/7-websites-learn-online-marketing/

    それから、これは私が教材や学習方法を選ぶ際に個人的に参考にすることなのですが、

    ■著者が英語が話してるところが聞きたい!
    TOEICや英検など英語の資格が書いてあっても、どんな人なのかよく分からないので、実際に音声やビデオがあると、すごく信頼度がUPです。上手じゃなくってよくて、とにかく実際に話してるところが聞いてみたいだけなんです。

    ■実際どの程度効果があったのかが知りたい。
    仮に「私が3ヶ月で英語がペラペラになった方法」という本などがあったとして、私は、この人が頭いいだけに違いない!と疑ってしまう困った性格なので、他に実践している方がいるか、指導経験のある方の方法を選んでしまいがちです。多分、瞬間英作文の方の勉強方法(英語上達マップ?)が人気なのは、何から始めてどのくらいやったらどのくらいのレベルになれるという道のりが明確になっていて、体験談などがたくさんあるからなんじゃないかなーと思います。

    ■どのタイプの学習者に向けた学習方法なのかが知りたい。
    これは、私の個人的な信条なのですが、勉強のやり方は、人それぞれ違うと思うんです。たとえば、英語ならここが分かりやすいですが、
    http://www.kandagaigo.com/elp/style/result.html
    こんな風に、タイプ別になっていれば、初心者が一番最初にに自分に合わない学習方法を選んで挫折することが少なくなるんじゃないかなーと考えています。

    以上、完全に個人的な意見ばかりで申し訳ないのですが、楽しい参考書や勉強法が世の中に増えてほしいので、思いつくままに書いてしまいました。少しでも参考になるところがあるといいのですが……。

    私は英語が本当に苦手で嫌だったし、話すのが上手になるには話すしかない、と上級者の方から聞いたりして、内気な私みたいなタイプには英会話は無理なのかなーとすごく落ち込んだりしたので、私のように悩む人が減ってほしいと、切に願っています。英語はきっと誰でもできるようになるものだと思うので!

    そして、英語以外でも、自分が心から本当にやりたいと思って、そのために努力を続けている事は、きっと現実になると信じています。

    YAMMYさんの夢がかないますよう、心から応援しています。


    • Solamimiさん、コメントを有難うございます。 返信が遅くなり、申し訳ありません。 solamimiさんも「瞬間英作文」に挑戦されたのですね。 そして挫折してしまったという訳ですね。 実は私も挫折しました。 肯定文、否定文、疑問文、等色々な変化に頭がついて行かずに、「こんな簡単な事さえできないのか・・・」とショックを受けて半年?一年位テキストが開けなくなった思い出があります。 立ち直ったきっかけは、「(著者は暗記を否定していますが、)もう暗記でいいや。暗記で行こう」と開き直った事です。 英語は暗記だと解釈すれば、例文自体は大した事は無いのでどんどん進んで行くことが出来ました。 でも、もう一度書きます。 この本の著者は暗記は否定しています。 後は、私の8年間の勉強を褒めて下さり有難うございます。でも私に言わせれば、これは「地道な努力」とかではなくで、「だらだらと続けていて、気が付いたら今年で8年目」と言うような感じです。 話は変わりますが、私がぼんやりと思い描いている参考書は、「勉強のやる気がなくなりかけたら読め!!」的な本です。もう「〇〇でTOEIC900点」、とか言うような攻略本ではありません。やる気そのものを奮い立たせる様な、活力剤になる様な本です。 逆にTOEIC470点未満の人達による「英語挫折体験記」とかも考えています。内容は、ひたすら英語学習の辛さとか愚痴がたくさん込められているような本です。 そして、私の意見は「嫌になったらやめればいい。また英語がしたくなった時に始めればいい。」です。 極論は、「英語が出来る様になる前に人生の方が先に終わるかもしれない。けどそれが何か?」と言う様な感じです。 これ位気楽にいかないと私は続けていけません。 でも根底にあるのは、「英語が出来たらカッコいい」、「出来ないよりかは出来る方がいいに決まってるだろう」と言う思いです。 これが支えになって、今も細々と音読やシャドーイングを続けています。 長くなりましたが、以上が私の英語に対する意見と言うか想いです。 愚痴みたいになった所もありますが、失礼します。 solamimiさんも頑張って下さい。 有難うございました。 長文失礼しました。  -  YAMMY 2013 年 12 月 9 日 9:42 PM

  2. #1

    YAMMYさん、8年間の学習、すごいです。

    継続力は偉大です。

    語学学習をしていて、その方法論やメソッドを共有したくなり気持ちも分かります。

    ご自身の客観的な英語力(資格や点数)を公開した上で、勉強方法などを一般公開することは全く問題ないと思います。

    万人受けの勉強方法ではなく、こんな人におすすめ、という情報も載せた上で公開することで、より効果的に読者に伝わるとも思います。

    なお、公開方法としては以下のいづれかになると思います。

    ウェブ
    1.ホームページを作る
    2.無料ブログを開設する
    3.電子書籍としてまとめてAmazonなどで売る
    4.YOUTUBEで教材の説明動画をアップする

    アナログ
    5.簡単なセミナーを開催して独自の教材を紹介する
    6.自費出版する(ただし初期投資は限りなくゼロ円で)

    ■2のブログがおすすめ

    おすすめなのは2のブログで紹介する、です。
    これは無料で開設できるので、ノーリスクです。

    ブログは書いてもいきなり読者がつくとは限りません。

    長期間にわたってコツコツと記事を書いて、少しずつ読者がついていくものです。

    しかし、YAMMYさんであれば、長期間にわたってコツコツとブログを書くこともできるのではないかと思います。

    地道ですが、
    ・読者を絞って
    ・絞った読者にとって本当にためになる
    記事を書きづつけることで、評価が高まると思います。

    ■3電子書籍

    出版という文字がYAMMYさんの文章に出てきたので少し出版についても記載いたいします。

    英語の教材を出版社を通して売る、というのはなかなか大変です。

    おそらく自費出版を出版社が助けるという形になると思いますが、この場合数十万円から数百万円をYAMMYさんが捻出することになるケースがあります。

    最悪売れなかった大量の在庫を引き取らないと出版社に対して倉庫代を支払うなんていうことにもなりかねません。

    ですので、おすすめはしません。

    それよりは、いまは電子書籍を非常に簡単に出版できる時代なので、電子書籍を作ることをオススメします。

    私はAmazonさんのKindleで出版したことがありますが、非常に簡単でした。

    マイクロソフトのWORDが使えれば出版できます。

    「Kindle 出版」などでググってみてください。

    ただし、これも簡単には売れません。

    私は、お恥ずかしいですが、たしか30冊売れたかどうか……。

    ですので、やはり、

    ・ブログでコツコツと読者を増やす
    ・読者が増えたら電子書籍化して、読者に対して宣伝する

    という手順を踏むのがよろしいかと思います。

    ■6の自費出版(初期投資押さえて)

    一応これも知識があるので書きます。

    AmazonのCreateSpaceというサービスがあります。

    これは自費出版を助けてくれるサービスです。

    電子書籍ではなく、紙の本を作ってくれます。

    利用したことはないので、正確ではないかもしれませんが、Amazonで注文があったら印刷して配送してくれるような、在庫を抱えない出版というコンセプトだったと思います。

    これであれば通常の自費出版のように、初期投資で多額のお金を支払うこともないと思うので、安心です。

    ただし、電子書籍と同様の理由で、ブログを開設するところから始めるのが良いかと思います。

    8年間の学習体験はなかなかマネできることではありません。

    マネできることではないという事は、なんらかの強みというかYAMMYさんの才能が、英語学習に関与しているのだと思います。

    それを教材を広める活動にも使う事が出来れば、コツコツと着実に広まっていくのではないかと思います。

    私はTOEICたしか820でしたが、10年前なのであまり参考にはならないかもしれません。

    2013 年 11 月 30 日 6:37 PM
    soylatte
     1 5

    • soylatteさん、コメントを有難うございます。 返信が遅くなってしまって申し訳ありません。 この質問が、英語の勉強を終えた直後で気分が高揚している状態で書いたもので文章がスラスラと書く事が出来たのですが、その後気分が沈んでしまって思う様にコメントが書けなかったのです。すみません。 色々な情報の発信方法を教えて下さって有難うございます。 私ももう少し力を付けてから、ブログ等で勉強方法を公開してみようかな、と思いました。 何はともあれ自分自身まずは「英検2級」を取得してからでないと・・・、と思っています。 後は、私の勉強の継続力を褒めて下さって有難うございます。 でも本当に「やりたい時にやる」、そして「嫌になったら中断する」、の繰り返しなんです。 最近はもう後者の「嫌になったら中断する」の方が多いです。 ただ何となく、「英語が出来たらカッコいい」、「中学まではペーパーテストは出来る方だった」、と言う思いが支えになって勉強が続いているのです。 愚痴みたいなのがだらだらと続いてしまって申し訳ありません。 これからもぼちぼち頑張っていきたいと思います。 そして、いつか自分流の英語勉強法を公開したいと思います。 本当に有難うございました。  -  YAMMY 2013 年 12 月 9 日 8:48 PM

質問はクローズされました。


最近寄せられた英語学習Q&A

おすすめ情報

初心者からの英会話Begin
初心者からはじめる英会話
「英語を教えるプロ」日本人講師に習うあなたのレベルにあわせたマンツーマンレッスン60分2500円