TOEICの恩恵、仕事で必要なレベル、勉強法まとめ

英会話ビギン
TOEICの恩恵、仕事で必要なレベル、勉強法まとめ

TOEICにはどんな恩恵が?

TOEICが英語能力を計測する指標になっている環境ならば、
TOEICの点が高いことで就職先の選択の幅が広がります。
そこで活躍の場の資格・権利を手に入れることができます。

テストの結果はゴールでなくスタート;大学受験もTOEICも/日本語と英語をつなぐ

仕事で必要なレベルは

古いものですがNHKのラジオビジネス英語講座テキスト(2004年12月)にこんな記載がありました:
「TOEICで何点取れば、英語で仕事ができますか?」という質問をよく受ける。
750点でも、コミュニケーション能力が高く、教養があり、人柄もよければ、
仕事でよい結果が期待できるかもしれない。
「え! 750点って高くないの?」と思っている方、英語で仕事をする気なら、
せめてこの程度はクリアしてほしい。」

TOEIC伝説を考える/日本語と英語をつなぐ

TOEICレベルの目安
http://uguisu.skr.jp/toeic/level.html

どれくらい勉強すればいいの?

TOEICを運営しているETSのホームページにこうあります。
“100点伸ばすには、300時間の英会話研修が必要というデータがある”。
300点上げようとすると、毎週2時間勉強して1年で約100時間になるから9年かかる計算になります。
毎日1時間勉強すると2年と半年くらいかかる計算です。
これらデータは平均の値ですので、もちろんそれよりずっと早く達成することはありますが、
逆にそれより遅くなってしまう場合もあるでしょう。

TOEIC伝説を考える/日本語と英語をつなぐ

具体的な勉強法は?

TOEICで良い点とる方法は一つです。
英語にたくさん触れることです。
毎日、毎日少しでも良いから英語に触れるんです。
すると人間って不思議で脳が本能的にその言語を理解する瞬間がくるんです。
それまではなかなか結果に結びつきません。

TOEIC効率的勉強法

点数ごとの具体的な勉強法がのっているサイトはこちらです